歯科医院で安心して治療を受ける方法

歯科医院での治療は、緊張する、怖いと思っている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、治療の受け方についてお話しします。

治療中は目を開ける?閉じる?

治療中に目を開けている方がいいのか、閉じている方がいいのか、迷ったことはありませんか?
結論としては、治療中に目を開けていても、閉じていても、どちらでも問題はありません。
しかし、治療中に金属の破片や薬液などが飛んでしまった場合、目を閉じていれば目を守ることができるので、「目を閉じて治療を受ける」ことをオススメします。
もしも目を閉じてしまうと緊張する、怖いと感じる方は目を開けていても大丈夫ですので安心して治療を受けてくださいね。
目隠ししないと怖いという方には、治療中タオルを顔に被せて治療することもできますので、お声掛けください。

口は大きく開けた方がいい?

治療中、口を大きく開ければ開けるほどよいと思っている方も多くいると思います。大きく開けすぎてしまうと、口周りの筋肉が緊張してしまい、治療がしにくくなってしまう場合があります。
とくに、奥歯の治療は、軽く口を開けているくらいの方が治療しやすいことも。
そのため口の開け方で迷われた場合は、一度軽く口を開けるようにし、もしも歯科医師やスタッフに「もう少し口を開けてください」とお声掛けをされたときのみ、指示に従うようにしましょう。

治療中に聞こえる「キーン」という音が怖いときの対処法

実は治療中に聞こえる「キーン」という音は、歯を削る音ではなく、エアータービンという機械に送り込まれた空気が発する音です。
現在は改良され、以前よりも音が静かになっている機械が多くなっています。しかし、過去のトラウマで苦手意識をもっていたり、治療中に口の中でなにが行われているか分からず不安を感じる方もいると思いますので、そのような場合は無理せずに手で合図してください。

治療中につらくなったら左手を挙げる

治療中は常に注意を払いお声掛けするなど、安心して治療を受けていただけるように心掛けていますが、少しでもつらいと感じた場合は無理せずに手で合図してくださいね。
機械は基本的には右側で使用することが多いので、手を挙げる場合は歯科医師や機材と接触しないように左手でお願いします。

定期検診を受ける

むし歯を早期発見して、軽い治療で済ませるためにも、定期的に検診を受けましょう。初期段階でむし歯を見つけられれば、歯を削らない治療やフッ化物塗布などで対処することができる場合もあります。

まとめ

当クリニックは、歯科医院での緊張や、不安な気持ちに寄り添いたいと考えています。
治療中に気になることがありましたら、対処しますので遠慮なく左手を挙げて合図してくださいね。
「どうしたら安心して治療を受けられるか」「リラックスできるか」は、一人ひとり異なると思います。治療前の初診カウンセリングで、苦手なことなどをお知らせください。

初診WEB予約

口腔内のお悩みや、お口のことで気になることがあれば、北四番丁駅から徒歩2分の歯科医院「仙台デンタルクリニック」にご相談ください。
当クリニックでは「患者様へのご負担が少ない治療」を心がけています。
お気軽にお問い合わせください。