インレー・アンレー・クラウンの特徴と詰め物が取れたときの対処法

歯科医院でむし歯治療を受けると、インレーやクラウンといった詰め物や被せ物を装着します。むし歯治療にはさまざまな種類の装置があり、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。今回は、インレー・アンレー・クラウンについてご紹介します。

インレー・アンレー・クラウンについて

むし歯治療では、むし歯の進行度によって使用する装置が異なります。

インレー

インレーは「詰め物」のことで、比較的軽度のむし歯治療で使用されます。
歯を削った後に適合するようつくられるため、形はさまざまです。

アンレー

アンレーはインレーでカバーできない広い範囲を覆う中程度のむし歯治療に使用される「詰め物」です。

クラウン

クラウン(冠)は歯全体を覆うように被せる「被せ物」のことで、比較的重度なむし歯治療に使用されます。

被せ物や詰め物の素材は、保険診療を選択するか、自由診療を選択するか、また治療内容によって異なります。

保険診療と自由診療

歯科医院で詰め物や被せ物の治療を受ける際、保険診療と自由診療が選べます。

保険診療

保険診療では3割負担となるため、審美性で劣る素材を使用することが多いですが、自由診療に比べて治療費は安いです。
詰め物の素材はコンポジットレジンや金属(銀歯)など、被せ物の素材は硬化レジンと金属などを使用することが多いです。

自由診療

自由診療では全額自己負担となるため治療費は高くなりますが、天然歯に近い色の素材を選ぶことができるためキレイな見た目に仕上がります。
詰め物の素材はセラミックとハイブリッド、被せ物の素材はセラミックとジルコニア、ゴールドなどを使用することが多いです。

詰め物や被せ物が取れたときはどうしたらいいの?

詰め物や被せ物が取れたときはどのように対処すればよいのでしょうか。ここでは、詰め物や被せ物が取れる原因や対処法を解説します。

詰め物や被せ物が取れる原因

詰め物や被せ物が取れる原因には以下のようなことが考えられます。

  • 詰め物や被せ物の接着不良
  • 歯ぎしりや噛み合わせが強く、詰め物や被せ物に負担がかかる
  • 詰め物や被せ物が古い
  • 被せた箇所が再びむし歯になっている

詰め物や被せ物が取れたときの対処法

外れた部分を舌や手で触らないようにしましょう。歯が欠けたり、とがっている部分で舌を切ってしまうことがあるので注意が必要です。
また、外れた部分で食べ物を極力噛まないようにし、歯磨きで清潔に保つことも重要です。歯磨きを怠ったり、詰め物や被せ物が外れたまま放置したりすると、むし歯が広がることがあるため、できるだけ早く歯科医院を受診しましょう。

まとめ

インレー・アンレーは「詰め物」、クラウン(冠)は「被せ物」を指します。
治療済みの詰め物や被せ物が取れてしまったときは放置せずに治療を行うことが大切です。
また、取れてしまった原因を探るためにも取れた詰め物や被せ物は持参するようにしてください。ご自身の歯を長持ちさせるためにもできるだけ早く歯科医院で治療を受けましょう。

初診WEB予約

口腔内のお悩みや、お口のことで気になることがあれば、北四番丁駅から徒歩2分の歯科医院「仙台デンタルクリニック」にご相談ください。
当クリニックでは「患者様へのご負担が少ない治療」を心がけています。
お気軽にお問い合わせください。